crocodile notebook

feedly feedburner google+ twitter facebook creative commons BY:2.1 プライバシーポリシー プロフィール


Macはたまに変なところで不親切ですよね。
どうも、鰐です!

MacBook Air(Late2010)ではOS10.6.8以降でTRIMがオンになっていました。
ということで、特に意識することなくOS10.7のMacにSSDを入れて使ってたんですが……アレ?
確認してみるとTRIMがオフになってるじゃないですか。
どうやら自前でSSD換装した場合、TRIMをオンにしてあげないとダメみたいです。

うわ、めんどくせ!

でもTRIMをオンにしないと、せっかくのSSDがもったいないのでオンにします。
……ところでTRIMって何?

SSDの性能低下とTrimの効き具合を大検証! | SSDパーフェクトガイド | DOS/V POWER REPORTを参照してみた。

要約すると。
SSDでデータを書き換えるためには、コピーして消して戻す作業が必要だったり、ハードの延命措置が必要だったり。
そうした余計な書き込みが発生しやすいんだそうです。
そうした余分な書き込みが発生すると、書き込みの速度低下に繋がりやすい……と。

引用:SSDの性能低下とTrimの効き具合を大検証!

TRIMが有効だと、この余計な書き込みを減らすことができるそうです。
余計な書き込みが減るから速度低下も最小限にとどめることができる、と。
同じ解説ページに、その効果もグラフが載っています。

引用:SSDの性能低下とTrimの効き具合を大検証!

TRIMの効果はけっこうなものですね。
これはやはりオンにすべきです!
ということで「TRIMEnabler」の登場です。

起動するとSSDの型番が表示されたデバイスとスイッチが表示されます。
スイッチをONにすると管理者パスワードを確認されるので、入力して完了!
これだけです。

TRIMはユーザが何か作業するわけではなく、裏で地道に仕事してくれる機能です。
SSDを換装する場合は忘れずにTRIMをオンにしましょう!

TRIM ENABLER

Intel SSD 320 Series(Postville-Refresh) 2.5inch MLC 9.5mm 120GB ResellerBOX SSDSA2CW120G3K5
インテル (2011-04-12)
売り上げランキング: 165

MacにSSDを搭載したら「TRIM Enabler」でTRIMを有効化しましょう

ホーム » Mac » ユーティリティ » 2012.01.07 wrote down!
, , , ,


HDDの空き容量が足りなくなってきたら「OmniDiskSweeper」でざっくり整理しよう!

HDDの空き容量が足りなくなってきたら「OmniDiskSweeper」でざっくり整理しよう!

使い込んで空き容量の少なくなったHDDはMacを不安定にします。 定期的に使ってないファイルを削除するのは大切なメンテナンスですよ。


15ユーロでMacが最大30%速くなる!?「CPU Speed Accelerator」を試してみた!

15ユーロでMacが最大30%速くなる!?「CPU Speed Accelerator」を試してみた!

バックグラウンドのアプリからメインアプリへCPUリソースを割り当てることで処理効率を向上させるアプリです。 実際に体感できるくらいの向上になるケースもありますよ。


MacBook Pro (2009)のHDDを日立Travelstar 1TB / SATA3 7200rpmに交換しました

MacBook Pro (2009)のHDDを日立Travelstar 1TB / SATA3 7200rpmに交換しました

MacBook Pro 990J/AのHDDが容量不足そして老朽化してきたので1TBのHDDに交換しました。交換前後のベンチマークを掲載しています。


iOS5のコレは使っとけとかバッテリーとかについて設定したアレコレとか

iOS5のコレは使っとけとかバッテリーとかについて設定したアレコレとか

iOS5をiPhone4に入れてみました。 新しいアプリに新しい機能。 バッテリーはちょっと使うようになったので、その辺をiOS4並みに近づける一手間の参考になれば。


コピーしたファイルがFinderで表示されない!そんなときに便利なツールがコレ!

コピーしたファイルがFinderで表示されない!そんなときに便利なツールがコレ!

フォルダにファイルをコピーしたはずなのにアイコンが表示されない場合とか。 ファインダーの表示をリフレッシュするだけの簡単アプリですが、これが地味に活躍するのです。