crocodile notebook

feedly feedburner google+ twitter facebook creative commons BY:2.1 プロフィール


DSC04798

国産筆記具メーカーのパイロットから発売された子供向け万年筆。
それが「kakuno」です。
万年筆好きや文房具好きのあいだで話題の商品なのです。

まず、この万年筆で驚くべきは希望小売価格が1,000円というお値段。
子供用らしくボディはすべてプラスチック、ということを差し引いても安い。

ペン先はステンレスでM(中字)とF(細字)の2種類から選ぶことができます。
同価格帯の万年筆であれば、セーラーのクリアキャンディがあります。
クリアキャンディもプラスチックボディでステンレスのペン先。
だけど太さはワンサイズなんですよね。
ペン先を選べるようにするのは、製造コスト的にも厳しいと思うのだけど。
パイロットさん、素晴らしいです。

DSC04790

万年筆と言えばコレ!のペリカン スーベレーン600(EF細字)を常用しているボクの奥様。
細字の中でもできるだけ細いペン先を選んで買ってきたコダワリの1本です。
そのスーベレーン600と書き比べてもらいました。
kakunoのM中字とスーベレーンのEF細字が同じくらいで、kakuno(F細字)のほうがぜんぜん細い。
パイロット万年筆の特長である、漢字にも適したペン先はkakunoにも受け継がれています。
しかも1000円とは思えない滑らかさで、インクの流量も安定している優秀なペン先です。

DSC04797

kakunoは持ち方を矯正できるようボディが作られています。
矯正する万年筆で有名なのはラミーのサファリですね。
サファリ同様に、握ることで自然と正しい持ち方が身に付くようになっています。
グリップ部分も長く作られてるから、握る位置も自由度があります。

DSC04793

インクはカートリッジはもちろん、コンバーターも使うことができます。
キャップのカラーバリエーションが豊富なので、色雫のようなカラーインクを使うのも楽しいですね。
そしてペン先にはスマイルマーク!
スーベレーンのような豪奢な作りでもなく、事務用万年筆のような質実剛健でもない。
ペン先に与えられたマークひとつで万年筆に性格が与えられるのも面白いと思うのです。

そして何より。
万年筆としての品質も良いですが、国産万年筆メーカーが子供向け万年筆にも本腰入れてきたわけです!
これが本当に素晴らしい。

軽くて、安くて、書きやすい。
ちょっと子供っぽすぎる部分はあるけど、大人が使うにも不足ない1本だと思います。
最初の万年筆としてだけではなく、普段使いとしても、年齢を問わずオススメです。

パイロット 万年筆 カクノ ライトグリーン 細字(F) FKA-1SR-LGF
(株)パイロットコーポレーション
売り上げランキング: 340

パイロットの子供向け万年筆「kakuno」は、年齢を問わずオススメできる良品です!

UPDATE: 2013.10.17
, , ,




併せ読みに選ばれている
記事はこちらのようです

パイロット『cocoon』は、万年筆を初めて使う学生・社会人にオススメですよ!

パイロット『cocoon』は、万年筆を初めて使う学生・社会人にオススメですよ!

パイロットの低価格万年筆『cocoon』を購入しました。同じペン先を使った『kakuno』とはすこし違ったキャラクターで、これもまた面白いですよ。

世界14メーカー以上のリフィルに対応したスタイラス付きチタンボールペン

世界14メーカー以上のリフィルに対応したスタイラス付きチタンボールペン

スタイラス付きのチタン製ボールペンです。 シンプルなボディで多くのリフィルと互換性がある点がとても使いやすそうです。 1本携帯しているとちょっと便利そう!

2013年振り返り企画『今年満たした物欲ベスト10』はコレだ!

2013年振り返り企画『今年満たした物欲ベスト10』はコレだ!

2013年に購入したアレコレから実用性とインパクトで選んだボク的ベストバイを並べてみました。 順位をつけてはいますがオススメ度合いというわけではなく、ボクの血湧き肉踊る指数が反映されたものです。

【勝沼ワイナリー巡り】シャトー・ルミエール

【勝沼ワイナリー巡り】シャトー・ルミエール

本格フレンチレストランを併設したワイナリーです。 他の勝沼ワイナリーとは雰囲気が違ったヨーロッパを感じさせる佇まいが面白いですよ。

都内屈指の眺望と食事を楽しめる『Dynamic Kitchen&Bar 響 カレッタ汐留店』

都内屈指の眺望と食事を楽しめる『Dynamic Kitchen&Bar 響 カレッタ汐留店』

贅沢とは空間全体を楽しんでこそ得られるものだと思います。このお店には、五感で空間を満喫するためのすべてが用意されています。

フレッシュネスバーガー『フレバル』でワイン飲み放題&生ハム食べ放題してきました

フレッシュネスバーガー『フレバル』でワイン飲み放題&生ハム食べ放題してきました

2015年6月よりフレバル対象店舗が拡大とのことで、近所のフレッシュネスバーガーも対象になったので行ってみました。美味しさよりも手軽さを求めるなら、これもアリですね。