crocodile notebook

feedly feedburner google+ twitter facebook creative commons BY:2.1 プロフィール


boost

Intel i5/i7プロセッサーに搭載されている機能『Turbo Boost』を停止することで、MacBook Pro/Airのバッテリー消費や発熱を抑えられる無料アプリとして有名な『Turbo Boost Switcher』。
以前はスリープから復帰するたびにパスワードを求められるのがわずらわしくて使わなくなっていましたが、El Capitanにインストールしてみたところ、スリープからの復帰時にパスワードが不要になったので利用を再開することにしました。

最大で25%ものバッテリー効率向上が得られるので、MacBookユーザーはインストールをオススメします。

160316-0015

使い方は簡単。
ダウンロードしたらアプリケーションフォルダにコピーして、右クリックから「開く」を選択して「OK」でアプリを起動します。
起動するとメニューバーに常駐するので、MacBook起動時に『Turbo Boost Switcher』を起動させるなら『Open at Login』にチェックを入れて、『Turbo Boost Switcher』の起動時に、Turbo Boostを自動的にオフ(Disable)するならば『Disable at Lounch』にチェックを入れます。

『Turbo Boost Switcher』を利用したい方であれば、自動起動と自動オフの両方にチェックを入れるのが便利です。

Turbo Boostは2012年以降に発売されたMacBook ProMacBook Airにも採用されているIntel製CPUのi5シリーズとi7シリーズに搭載されている機能で、CPUの周波数を定格よりも向上させて処理速度を高める仕組みです。

処理速度を向する仕組みを止めてしまうので、PhotoshopやIllustratorなどのアプリでグラフィック作業を行うとか、動画の編集や音楽データのリッピングを行うとか、xcodeでプログラミングするとか、そうした負荷の高い作業を行う場合には処理時間が長くなってしまうデメリットがあります。

しかし、そうした作業を行わない用途であればTurbo Boostを停止しても作業効率にはあまり影響しないようです。

160316-0016
引用:Disabling Turbo Boost to get more MacBook Pro battery life

左側がTurbo Boostを有効にした状態、右側がTurbo Boostを無効にした状態での結果です。

アイドル時のCPU消費電力は21Wで同じ。
ベンチマーク取得時の消費電力は最大30Wも抑えられています。
CPUの最高温度も30℃も抑えられることで、バッテリー消費も効果的に抑えられるはずです。
処理性能は4項目ともに低下しているので、負荷の高い処理では処理に要する時間へ顕著に現れます。
そしてバッテリー消費は約1時間(最大25%)もの延長となっています。

バッテリー消費が抑えられるのはモバイル時で大きなメリットですが、発熱が抑えられることはAC電源に接続時でも「MacBookが熱くならない!」という大きなメリットがあります。
それに対してデメリットは重い作業がすこし遅くなるのと、起動時にパスワードを要求される手間くらい。
遅くなるのが問題のときは、Turbo Boostを有効化すれば良いだけです。



MacBookのバッテリー消費が最大25%も抑えられるアプリ『Turbo Boost Switcher』

UPDATE: 2016.03.17
, , , ,




併せ読みに選ばれている
記事はこちらのようです

2012年以降の薄型iMacで利用可能なUSBアダプター『Jimi』

2012年以降の薄型iMacで利用可能なUSBアダプター『Jimi』

薄型iMacはUSBコネクタがモニタ背面にあるので、ユーザーはけっこう不便に感じてるんでしょうか? 接続しやすくするアイテムがいろいろ登場していますね。 今回ご紹介の『Jimi』もそうしたアイテムの一つです。

バッテリー+USBメモリー+USBケーブル+ロケーターの1台4役になる『GOkey』

バッテリー+USBメモリー+USBケーブル+ロケーターの1台4役になる『GOkey』

1台4役でスマホやタブレット、PCに役立つガジェットがIndiegogoで出資募集中(そして400%超えて増資中)です。モバイルにはこうしたモノはたしかに便利なんですよね。

MacBook AirなどのキーボードからiOSへ入力可能にするアプリ『1Keyboard』

MacBook AirなどのキーボードからiOSへ入力可能にするアプリ『1Keyboard』

MacのキーボードからiOSデバイスに入力可能にする無料アプリです。必要になる場面はレアケースだとは思いますが、用意しておくと便利なこともある(かもしれない)アプリですよ。

iPhoneは機内モードで倍速充電されるかの検証と、これ以外で速い充電方法を探してみた

iPhoneは機内モードで倍速充電されるかの検証と、これ以外で速い充電方法を探してみた

iPhoneの充電は機内モードにすると倍速だ!というTipsが定期的に流れてくるけど、本当に倍速なの?ほかにも方法はあるんじゃないの?ということで検証してみました。

2014年振り返り企画『今年満たした物欲ベスト10』はコレだ!

2014年振り返り企画『今年満たした物欲ベスト10』はコレだ!

2014年に購入したボク個人に所有権が帰属しているモノの中から『これは良いものであった』と自画自賛を惜しまない10点をリストアップしてみました。

歩いて走って発電だ!携帯バッテリー『AMPY』で脂肪を減らして電力を蓄えよう!

歩いて走って発電だ!携帯バッテリー『AMPY』で脂肪を減らして電力を蓄えよう!

万歩計的に身に着けて、動く事でどんどん発電してくれるデバイスです。そう、まるで脂肪を燃料に発電しているかのような究極のエコデバイスなのです!きっとメシが旨い!