crocodile notebook

feedly feedburner google+ twitter facebook creative commons BY:2.1 プロフィール


IMG_8324

ハンバーガーチェーンのひとつ『フレッシュネスバーガー』の一部店舗限定で提供されていたFRESHNESS BAR、通称『フレバル』が2015年6月より提供店舗を拡充!
近所の店舗でも提供が開始されていたので飲んだくれに行ってきました。

フレバルではビールやフライドポテトなどの他に、ワイン飲み放題(980円)と生ハム食べ放題(500円)が看板メニューとして用意されています。
もちろん飲んだくれですので、ワインと生ハムを目当てにフレッシュネスバーガーの暖簾をくぐったわけです。

IMG_8323

カウンターで注文すると、程よく冷えたグラスが2つ。
飲み放題のワインは赤と白が用意されていて、セルフサービスで注いで楽しむスタイルになっています。
今回訪れた店舗では2つのワイン樽が鎮座されておりました。

ワインのグラスは定番のDURALEX。
220ccか250ccかはわかりませんが、だいたいそれくらいの大きさのグラスでした。

IMG_8326

220~250ccのグラスだとするならば、だいたい5杯も飲み干せばワイン1本分ですね。
ワインの飲み放題は1時間限定なので、だいたいワイン1本分くらいがちょうど良い酔い心地かなあ。

樽風のサーバはプッシュ式の蛇口なので、酔ってるときは手元に要注意です。

IMG_8322

さて肝心のお味ですが、そこは飲み放題980円のワインということで高望みしちゃいけないのは重々承知していましたが、それでもなかなかお安いお味。
白ワインはフルーティとも言えますが、ワインというよりジュースのようなフルーティ具合。
赤ワインはとても軽いので、カベルネなどが好きな方よりもピノ好きな方のほうが合うかもしれませんが、とにかく軽やかな赤ワインなのでこれもジュース感覚で飲めてしまいます。
どちらもとても飲みやすいとも言えますが、あまりワインを飲んでいる感覚には浸れませんでした。

IMG_8321

次が生ハム様。
生ハム様の食べ放題はアルコールを注文した場合に限り可能らしいです。
薄切りの生ハム様を上品にぺりぺり取りながら食べるなんて不可能な具合に折り重なって提供されています。
食べ放題なんですから、薄切り生ハムを丹念に咀嚼するなんてせず、ガバっと掬い取ってもしゃりとかぶりついてもぎゅりと咀嚼して、生ハムの塩味と脂味を堪能するのがフレバルの正解だと思います。
生ハムは空いたお皿をカウンターに持っていくと、次のひと盛りがお代わりできるシステムになっています。
カウンターが混雑していないタイミングを狙うのがオトナです。

IMG_8329

しかし生ハムばかり食べてると、口の中は脂っぽくなってくるし、なにより飽きてくるのは必定。
しかしそこはフレバルであるところのフレッシュネスバーガーであれば利用しない手はない世界のスパイスたち!
チリ&ガーリックソースとかアマゾンチリソースとかレッドペッパーオイルとかとにかくスパイシーな名前のオイルが勢ぞろいです。
今回はそれら世界のスパイスから『ッドペッパーオイル』と『ガーリックオリーブオイル』を選択。

IMG_8328

脂っぽい生ハムに油を足してるわけで、カロリー的にはものすごく危険。
オリーブオイルを足してからは白ワインより赤ワインのほうが合う気がしたような。
このころには4杯目のワインだったわけですが、ある確信が脳裏に。

『このワインは悪酔いするワインだ!』
安いからと調子良く飲んでいると、これはなかなかに危険なワインかもしれません。

ちなみに今回のお会計。
夫婦ふたりで行きまして、ワイン飲み放題、生ハム食べ放題、フレッシュネスバーガーふたつ、オニオンリングひとつを注文して約3,500円。
1時間という短い時間で手軽にお酒を楽しむ、いわゆる『ちょい飲み』。
清潔で静かな店内で座って飲めて1000円台。
味を求める方には向かないけれど、カジュアルにちょっと飲みたいなって向きには良い塩梅だと思います。

コノスル ゲヴュルツトラミネール レゼルバ 750ml
スマイル
売り上げランキング: 4,987
ウスケボーイズ 日本ワインの革命児たち
河合 香織
小学館
売り上げランキング: 243,895

フレッシュネスバーガー『フレバル』でワイン飲み放題&生ハム食べ放題してきました

UPDATE: 2015.06.11
, , ,




併せ読みに選ばれている
記事はこちらのようです

【勝沼ワイナリー巡り】シャトー・ルミエール

【勝沼ワイナリー巡り】シャトー・ルミエール

本格フレンチレストランを併設したワイナリーです。 他の勝沼ワイナリーとは雰囲気が違ったヨーロッパを感じさせる佇まいが面白いですよ。

【勝沼ワイナリー巡り】グレイスワイン(中央葡萄酒株式会社)

【勝沼ワイナリー巡り】グレイスワイン(中央葡萄酒株式会社)

ラベルがとてもかっこいいグレイスワイン。 甲州を使った白ワインもすばらしくおいしいですよ!

都内屈指の眺望と食事を楽しめる『Dynamic Kitchen&Bar 響 カレッタ汐留店』

都内屈指の眺望と食事を楽しめる『Dynamic Kitchen&Bar 響 カレッタ汐留店』

贅沢とは空間全体を楽しんでこそ得られるものだと思います。このお店には、五感で空間を満喫するためのすべてが用意されています。

パイロットの子供向け万年筆「kakuno」は、年齢を問わずオススメできる良品です!

パイロットの子供向け万年筆「kakuno」は、年齢を問わずオススメできる良品です!

パイロットから子供向け万年筆が発売されました!ついに日本の万年筆メーカーが子供向け万年筆にも本腰入れてきて、ちょっとこれはうれしいのです。

我が家のオーディオシステム(AirPlayシステム)はコンパクトにまとめてます

我が家のオーディオシステム(AirPlayシステム)はコンパクトにまとめてます

ボーナスや歳末セールを控えた時期なのでオーディオ購入の相談をよく受けるようになりました。そこで我が家のオーディオ環境をあらためてご紹介です。チープだけどコンパクトで気に入ってます。

今年いちおしのマンガ家4人!鰐ノートが選ぶ『2013年、注目のマンガ家!』

今年いちおしのマンガ家4人!鰐ノートが選ぶ『2013年、注目のマンガ家!』

2013年に購入したコミックスの中から今後にかなり期待しちゃったマンガ家4人。連載している今のマンガもじゅうぶんに面白いけど、これからどうなっていくのかにも是非注目していきたい人たちをご紹介。