crocodile notebook

feedly feedburner google+ twitter facebook creative commons BY:2.1 プロフィール


DSC05760
 
のっかり年イチ企画として定着するのは財布にやさしくないけどやめられない。
だってこれはマンガを買う自分への理由付けに最高だから。
どうも、鰐です。
 
去年はテーマを作ってそれぞれに選書するスタイルでしたが、続かないのでやめました。
じんわりきたならなんでも良い!感嘆したならなんでも良い!
そう、面白ければカテゴリーなんてどうでもいいじゃん!なスタイルで行きます。
 
今年の鰐版このマンガがスゴいは10作品14冊を選んでみました。
選書の条件は、2014年に初巻もしくは単巻が発売された作品です。

 

幻想ギネコクラシー – 沙村 広明(白泉社)

沙村 広明ですよ沙村 広明。
著者名だけで安心できる数少ない作家のひとり、沙村 広明ですよ。
『無限の住人』『ブラッドハーレーの馬車』『春風のスネグラチカ』
明るさのない、どちらかと言えば後味の悪い作風の人という印象を持つ方も少なくないようです。
そうした作風も否めませんが、シュールギャグ、SF、冒険活劇。
そうした分野もまた、氏の得意とするところです。
むしろ、あの画力をもって全力で悪ふざけしている本作こそ、氏の真髄ではないかと思うわけです。

幻想ギネコクラシー 1
幻想ギネコクラシー 1
posted with amazlet at 14.11.17
沙村 広明
白泉社

白い街の夜たち – 市川ラク(ビームコミックス)

2014年に購入したマンガの中で、もっとも我が家の食生活に影響を与えた作品です。
ラムやマトンを、その匂いから敬遠していた妻に「トルコ料理を食べてみたい」と言わしめた作品。
そして東京 中野にある名店『カルタゴ』でラム肉に開眼へと至らしめた作品です。
ですがグルメマンガではありません。
トルコという歴史ある国の文化や風習を、とあるトルコ料理店を中心に描いている作品です。
だけどやはりいちばん強烈なのは料理の描写。
なんど読み返しても、胃袋を鷲掴みされるのです。

白い街の夜たち 1 (ビームコミックス)
市川ラク
KADOKAWA/エンターブレイン
白い街の夜たち 2 ビームコミックス
KADOKAWA / エンターブレイン (2014-09-24)

あれよ星屑 – 山田参助(ビームコミックス)

「死に損なった」気持ちを抱えつつも、どうしようもなく不器用だからただ懸命に生きるしかない。
敗戦直後の日本を舞台にした、ふたりの男を主人公にした作品です。
「とにかく生きるしかない」と、腹を括った人がもつ《陽》の場面と。
戦後という深い闇がまだ残る《陰》の場面と。
リズミカルで容赦ない転換に、描かれている人々全員の心情も痛いほど感じられます。
正道的なマンガ描写もありつつ、その背景を読み取る洞察力も必要とする作品です。

あれよ星屑 1 (ビームコミックス)
山田参助
KADOKAWA/エンターブレイン
あれよ星屑 2 (ビームコミックス)
山田 参助
KADOKAWA/エンターブレイン

テキサスレディオギャング – 榎屋 克優(ヤングジャンプコミックス)

『聲の形』とは真逆とも言える、しかしこれも真理と感じさせられる作品です。
テーマは『友情』だと思いますし、それを補うのは『ラジオ』という媒体。
また、作中の主人公は見た目は良いけど主張のできないハーフの少年。
目立ってしまうハーフの少年と、ラジオというマイノリティな趣味を共通にする子たちの友情。
学校という社会の中にあるマイノリティ。
万人におすすめできるストーリーではありません。
しかし、垢抜けることもなくヤボったいままだけど、友情に目覚めた男の子たちのアツさ。
これを存分に味わえる作品だと思います。


かわうその自転車屋さん – こやまけいこ(芳文社コミックス)

すべての自転車好きなマンガ好きに薦める作品です。
自転車好きなら実体験として気恥ずかしくなるようなウンチクの数々。
同好の人にしか理解を得られないと知りつつも、そうではない人にこそ語りたくなる矛盾。
とにかく『自転車あるある』が満載でありつつも、キャラクターがかわいいので許せる。
自転車好きならもちろんですが、それ以外の人も面白く読める作品だと思います。
ただし、これを読んで自転車好きになってもボクは知りませんけどね……

かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)
こやまけいこ
芳文社 (2014-10-16)

応天の門 – 灰原 薬(BUNCH COMICS)

いろいろな場面でオススメしてきたマンガで、今年いちばん好評だったのが本作。
すでに2巻まで発売されていますが、この先ずっと続いて欲しい作品のひとつです。
藤原道真と在原業平、ふたりの主人公が平安時代の京を舞台に様々な事件を解決!
なんて書くと、ラノベ風イケメン少女マンガっぽいですが、これがなかなか骨太マンガ。
平安舞台の解決モノと言えば、多くは妖怪変化の類をイメージしますがコレは大丈夫。
ちゃんとしたクライムサスペンスとして人の業も描かれています。
マンガをあまり読まない方にもオススメの作品です。

応天の門 1 (BUNCH COMICS)
応天の門 1 (BUNCH COMICS)
posted with amazlet at 14.11.17
灰原 薬
新潮社 (2014-04-09)
応天の門 2 (BUNCH COMICS)
応天の門 2 (BUNCH COMICS)
posted with amazlet at 14.11.17
灰原 薬
新潮社 (2014-10-09)

阿・吽 – おかざき 真里(ビッグコミックススペシャル)

今年は歴史上の、それも日本の人物を扱った作品にアタリが多いですね。
この『阿・吽』は最澄と空海のふたりが主人公の作品。
残酷で不条理な時代だからこそ生まれたふたりの天才を扱った作品です。
宗教を扱った他のマンガとは違う、弱いだけの人間が抱える葛藤を描いた作品です。
その弱さを受け入れ、そこから抜け出そうとする気迫。
それがむせるような熱量をもって描かれています。

阿・吽 1 (ビッグコミックススペシャル)
おかざき 真里
小学館 (2014-10-10)

夜とコンクリート – 町田 洋(祥伝社)

ボクなんかでも、なにか『切ない』気分を味わいたい日がたまにはあったりするわけです。
そんな時に、とても心地良く包んでくれる空気を得られる1冊だと思います。
説明的だったり写実的なマンガが多いですが、この作品は抽象的・叙情的に感じます。
白と黒だけで描くのであればと、ムダな線を廃した絵はそれだけで言葉を発しています。
作中の言葉は、絵そのものから感じる印象と重なって、穏やかに切なく詩的。
絵にもストーリーにもまだ拙さが残っていますが、それが切なさをより彩っています。

夜とコンクリート
夜とコンクリート
posted with amazlet at 14.11.17
町田 洋
祥伝社

月に吠えらんねえ – 清家 雪子(アフタヌーンKC)

自らの内面にある言葉を吐き出す俳人・詩人とは、狂気に身を委ねられる人間である。
実在した詩人たちを筆者のフィルターを通して、より狂わせて描いています。
作中ではすべての人物が狂っていて、街も狂っていて、社会も狂っている。
すべてが狂っている中では、何が正常なのかを考えることも狂気の沙汰。
『月に吠えらんねえ』を読んでいると『……この作者、大丈夫か?』と不安になってきます。
そしてそれは2巻目になると一層色濃くなり、次の3巻が待ちきれない自分がいるのです。

月に吠えらんねえ(1) (アフタヌーンKC)
清家 雪子
講談社 (2014-04-23)
月に吠えらんねえ(2) (アフタヌーンKC)
清家 雪子
講談社 (2014-10-23)

蟹に誘われて – panpanya(白泉社)

ひさしぶりに純度の高いシュルレアリスム作品を読んだ気分に浸れた作品です。
日常の中でこそ、ほんのひとつだけ、景色の中にある特異な何かを見つけたとき。
本作でそれは『野生のタラバガニ』なのですが。
その瞬間に現実感は喪失し、その喪失感を受け入れたときに、景色は新鮮な色になる。
厚みのある黒で描かれた街は、日常としていつも見ているのに記憶に曖昧な街そのもの。
現実なのか非現実なのかまで曖昧なまま続く、しかし現実にほど近い感覚を覚える物語。

蟹に誘われて
蟹に誘われて
posted with amazlet at 14.11.17
panpanya
白泉社

 
 
また、今年の選書に入れるかどうするか、でも多すぎてもなぁ……と見送った5作品6冊がこちら。
 
千代に八千代に – 大澄 剛(アクションコミックス)
比較的『男子的妄想』風味の強い連作短編の恋愛漫画。
「使わない言葉をそんなに覚えてどうするんですか?」
この何気ない、でもきっと誰でも思う素直な疑問に対する先生の答えが素晴らしいのです。
 
南紀の台所 – 元町 夏央(ヤングジャンプコミックス)
このマンガは『南紀』という場所の人情、風土、文化を食というキーワードで見せてくれる作品です。
様々な面から南紀らしい食を描くことで『おいしそう!』を感じる情景が描かれていると思います。
 
水の箱庭 – 安堂維子里(芳文社コミックス)
アクアリウムを趣味とする方は多いですが、これを題材としたマンガは少ないと思います。
監修には実際のアクアリウム店が行っていることからも、その描写は特徴を掴んでいてわかりやすいです。
穏やかでリラックスした時間を過ごすのに、繰り返し読みたい1冊だと思います。
 
五色の舟 – 近藤 ようこ(ビームコミックス)
傑作、と言って何も過言ではない作品ですが、この作品をどう言葉にすれば良いのか。
最初に読んだときは何とも言えない不気味さに最後まで読めず、しかしなにか気になって視界から外せない。
そして最後まで読み切ってみれば、やはり後味は悪いながらも、なぜかもう一度手にとりたくなるのです。
 
コンプレックス・エイジ – 佐久間 結衣(モーニング KC)
ボクはテーマにあるような趣味はたしなんでいませんが、年齢と趣味のボーダーラインには思うところもあり。
なにかこう、身を切られる痛みと、その先にある面白さを感じる作品です。
 
 
以上、10作品(+5作品)
ぜひ、ご一読を。


いちおしのマンガ10選!鰐ノート版『2014年、このマンガがスゴイ!』

UPDATE: 2014.12.07
, , , ,




併せ読みに選ばれている
記事はこちらのようです

鰐ノート版『2015年、このマンガがスゴイ!~いちおしの新作マンガ10選~』

鰐ノート版『2015年、このマンガがスゴイ!~いちおしの新作マンガ10選~』

2015年に初巻もしくは単巻が発売されたマンガの中から、カテゴリに関わらず舌を巻き膝を叩き腕が唸って腹が捩れたものから厳選した10作品ご紹介です。毎年も良作ばかりでほんと選ぶのに苦労するわー。

フリーテーマのカスタマイズ

フリーテーマのカスタマイズ

meganews-themeのカスタマイズ備忘録です。 (1)インデックスページのカスタマイズ

鰐ノート版『2014年上期、このマンガがすごい!』いちおし3冊をご紹介

鰐ノート版『2014年上期、このマンガがすごい!』いちおし3冊をご紹介

鰐ノート版『2014年上期、このマンガがすごい!』として『 蟹に誘われて』『幻想ギネコクラシー』『白い街の夜たち』の3冊をご紹介です。

鰐ノート版『2015年、このマンガがスゴイ!~いちおしの中長期連載マンガ10選~』

鰐ノート版『2015年、このマンガがスゴイ!~いちおしの中長期連載マンガ10選~』

例年は初巻もしくは単巻が発売されたマンガの中からオススメしているだけでしたが、それ以外でもオススメしなさいと言われたので舌を巻き膝を叩き腕が唸って腹が捩れ続けているマンガから厳選した10作品ご紹介です。

ワードプレスのページ送り(ページネーション)をプラグインなしで実装する方法

ワードプレスのページ送り(ページネーション)をプラグインなしで実装する方法

ワードプレスでのページ送りをプラグインなしで実装するためのPHPとCSSです。 機能的にはシンプルですが、簡単なCSSで自由にカスタマイズできるのがポイントです。

ボクが使ってきた中で気に入っているインナーイヤー(カナル)型イヤホンを価格帯別で10本ご紹介!

ボクが使ってきた中で気に入っているインナーイヤー(カナル)型イヤホンを価格帯別で10本ご紹介!

主に1万円以下のイヤホンを渡り歩いてきたボクがオススメする、今購入可能なイヤホンたちです。 Amazon等通販サイトでの実売価格でグレードを分けています。