crocodile notebook

feedly feedburner google+ twitter facebook creative commons BY:2.1 プロフィール


Retinaにして戸惑ったことのひとつが、QuickLookを使うと写真が1/4サイズで表示されてしまうこと。
これはプレビュー.appを使っても同じです。
Retina対応アプリで写真を表示した場合に、必ず発生してしまうんでしょうね。

630 x 420ピクセルの写真を非Retinaのプレビュー.appで表示した場合はこの大きさになります。

おなじ写真をRetina対応のプレビュー.appで表示したところ。
ウインドウサイズを非Retinaと同じになるよう調整しています。
これだけ小さく表示されてしまうわけです。

これを解消するためには、Retina対応アプリの『情報』を開いて設定を変更します。

プレビュー.appの情報を開いたところ。
『低解像度で開く』は初期設定でチェックされていませんので、ここをチェックします。
これで次回以降、プレビュー.appで写真を開くと非Retinaモードになります。

残念なことにQuickLookは.appが見つからないので非Retinaモードにすることができませんでした。
ただ、QuickLookの場合はテキストやPDFもプレビューできるので、非Retinaにしないほうが良いと思います。
写真はあくまでもプレビュー.appで参照するのが良いのでしょう。

iPhoto App
カテゴリ: 写真
価格: ¥1,300

オンキヨー 大画面10型デジタルフォトフレーム
オンキヨー
売り上げランキング: 128,399

MacBook Pro Retinaモデルで写真をプレビューした際に小さく表示されてしまうのを回避する方法

UPDATE: 2013.02.11
, , , ,




併せ読みに選ばれている
記事はこちらのようです

恒例企画!初めてMacを使う方におすすめする基本6カテゴリのアプリ選!

恒例企画!初めてMacを使う方におすすめする基本6カテゴリのアプリ選!

ブラウザ、メール、テキストエディタ、圧縮・解凍、写真管理、ウイルス対策の6カテゴリそれぞれでオススメのアプリを初心者の方を対象にご紹介。

MacBook Pro Retina 13インチを購入したので使用後の雑感とオススメ具合を書いてみる

MacBook Pro Retina 13インチを購入したので使用後の雑感とオススメ具合を書いてみる

2009年モデルのMacBook Pro13インチを使い続けるも、重くなり続けるOSとアプリと体重。 負のスパイラルから脱するために導入したのが、そう!MacBook Pro Retinaです!

MacBook Pro Retinaの解像度を最大限に活用できるアプリ『Display Menu』が使える!

MacBook Pro Retinaの解像度を最大限に活用できるアプリ『Display Menu』が使える!

メニューバーから画面解像度を変更できるアプリです。 MBP Retinaは用途に応じて画面解像度を変更すると使いやすさが増すと思いますよ。

Mac定番の写真管理アプリ「LEAFO」がMac App Storeに登場!

Mac定番の写真管理アプリ「LEAFO」がMac App Storeに登場!

写真管理に必要な機能に特化した、シンプルはアプリケーションです。 iPhotoとは違った使い心地で手放せなくなりますよ。

【だれか】MacBook Pro Retina 13インチに最適なケースに悩む日々です【おしえて】

【だれか】MacBook Pro Retina 13インチに最適なケースに悩む日々です【おしえて】

なぜかMacBook Airより持ち歩きに気を使ってしまうMacBook Pro Retina。 めずらしくケースが欲しくなってるのですが、気に入るのが見つからないのです。

MacBook Pro Retinaのケースは『Acme Made Skinny Sleeve for MacBook Air』にしました

MacBook Pro Retinaのケースは『Acme Made Skinny Sleeve for MacBook Air』にしました

ケース探しの旅は以外にもアップルストアが約束の地となりました。 いろいろと探しまわった甲斐のある使いやすいケースに出会えたと思います!