crocodile notebook

feedly feedburner google+ twitter facebook creative commons BY:2.1 プロフィール


IMG_4340
WordPressやMovable Typeといった仕組みを利用してホームページを作るのは比較的簡単!
と、世間では言う人も少なくないですが、実際に作ってみるとそれほど簡単ではありません。

そこで重宝するのが無料で利用可能なホームページ作成用の素材たち。
特に今回はWordPress用のテーマと、アイコン、写真の3つをそれぞれ3サイトずつご紹介。

無料素材を利用するときに覚えておきたいライセンス

無料で使えるからと言って、好き勝手に使って良いというわけではありません。
無料で使える条件は『ライセンス』という形で記載されています。
海外ページの場合はライセンスの内容を理解するのも難しいですよね。
でも、明記しているライセンスの意味はそんな難しいこともありません。

General Public License(GPL)

General Public License(GPL)とは下記の4つについて許可をしているライセンスになります。
WordPressのテーマファイルやプラグインの多くは、このGPLで公開されています。
著作権は作者にあり、また、GPLだからと言って必ず無料で利用できるとは限りません。
1. 目的を問わず、プログラムを実行する自由
2. プログラムの動作を研究し、必要に応じて改変を加える自由
3. コピーを再頒布する自由
4. プログラムを改良し、コミュニティー全体がその恩恵を受けられるよう改良点を公衆に発表する自由

テーマやプラグインのみがGPLの場合、サンプルやデモで使用されている画像についてはGPL適用外になります。
GPLで公開されたテーマやプラグインを利用する場合、原則としてそれら画像などは差し替えが必要になります。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(CCL)

写真やアイコン、音楽などの無料素材はクリエイティブ・コモンズ・ライセンスで公開されていることが多いです。
CCLにはいくつもの段階で利用範囲が制限されます。
CCLライセンスの特徴は、商用(営利)目的での利用を認めないと宣言することも可能な点です。
ライセンスの段階についてはhttp://creativecommons.jp/licenses/を参照してください。

ロイヤリティフリー

表示された許可範囲内であれば、利用に際して費用(ロイヤリティ)が発生しない(フリー)ことを指します。
たとえばCCLで商用利用を拒否している写真素材を企業ホームページで利用する場合などは費用が発生します。
無料で利用可能な範囲については公開サイトもしくは作品個々のライセンスを確認するようにしてください。

WordPress用テーマ

WordPressで個性的なホームページを作るには、まず『テーマ(Theme)』を作成する必要があります。
テーマとは、ページデザインの雛形ですね。
WordPressテーマはデザイン的に凝った作りになるほど、それの設置も難しくなります。
以下で紹介するページは、シンプルな無料テーマから商用向け有料テーマまで多様に公開されています。

まずは見た目にもシンプルで、動きのないテーマファイルから試していくのが理解への早道だと思います。
GPLライセンスのテーマは自分なりのカスタマイズも自由に行えます。
慣れてきたら様々なプラグインやウィジェットを追加して、より独自のページを作りましょう!

DesignWall :http://www.designwall.com/ | terms of use

DesignWall
 

Free WordPress Themes :http://www.freewpthemes.in/ | terms of use

Free WordPress Themes
 

alien :http://alienwp.com/ | terms of use

alien
 

写真

写真を上手に使うと、ホームページの雰囲気を決定的にできたり、記事の説得力が増します。
そうした場合に便利なのが、ロイヤリティフリーの写真素材。
世界中のカメラマンが撮った写真を利用することが可能になります。

こうしたロイヤリティフリーな写真が公開されていることではFlickrも有名です。
Flickrの場合、条件を設定すればCCLの画像のみを検索できますがflickr cc searchなどを使うのが便利です。

Stock.XCHNG :http://www.sxc.hu/ | terms of use

Stock.XCHNG
 

everystockphoto :http://www.everystockphoto.com/ | terms of use

everystockphoto
 

picjumbo :http://picjumbo.com/ | FAQ and Terms

picjumbo
 
 

アイコン

ホームページを見やすくするには、アイコンも大きなポイントになります。
小さいくせにページの雰囲気つくりにも大きく影響するのがアイコン。
今回はどんなデザインのホームページでも違和感なく使いやすいアイコンを公開しているページをご紹介。

ただ、FacebookやTwitterなどソーシャル系のアイコンはあまり独自性に富んだものは使わないのが良いかも。
様々なページで使われているアイコンは、共通したデザインだからこその価値もありますからね。

Glyphs :http://glyphs.bulb9.com/ | Licence

Glyphs
 

Coucou Icons :http://www.coucouicons.com/ | Licensed under the Creative Commons 3.0.

Coucou Icons
 

Streamline :http://streamlineicons.com/ | License agreeement

Streamline
 
 

「公式ディレクトリ掲載テーマ」で学ぶ WordPressサイト制作入門
SBクリエイティブ株式会社 (2014-03-03)
売り上げランキング: 8,251
OLYMPUS ミラーレス一眼 PEN Lite E-PL3 ダブルズームキット シルバー E-PL3 DZKIT SLV
オリンパス (2011-09-03)
売り上げランキング: 34,695

WordPressを使ってホームページを作るのに便利な無料のテーマや写真やアイコン3×3

UPDATE: 2014.03.03
, , ,




併せ読みに選ばれている
記事はこちらのようです

“いかなる権利も保有しない” 写真/動画の素材サイト『Pexels』と『Pexels Videos』

“いかなる権利も保有しない” 写真/動画の素材サイト『Pexels』と『Pexels Videos』

加工や再利用についても自由になるCreative Commons Zeroライセンスで素材提供している2つのサイトをご紹介。コンテンツのクオリティも高いです。

Flickrから写真を拝借して記事を彩るなら「PhotoDropper」プラグインが便利ですよ

Flickrから写真を拝借して記事を彩るなら「PhotoDropper」プラグインが便利ですよ

FlickrからKリエイティブコモンズライセンスの写真を検索して記事に挿入できるプラグインです。 画像サイズの自由度は若干制限されますが、手間は大幅に軽減できますよ。

WordPressで投稿済み記事内の文字列をfunction.phpから置換する方法

WordPressで投稿済み記事内の文字列をfunction.phpから置換する方法

https化に際して、過去に投稿した記事に含まれるURLもhttpsへ置換されるphpを作成しました。https化に限らず、特定の文字列を置換する場合に利用いただけます。

期待のアプリ「Favs」がMac App Storeに登場しました!

期待のアプリ「Favs」がMac App Storeに登場しました!

ベータ版から期待のアプリがついにMac App Storeに登場です。 クリップした情報などを手軽に読み直すことができるので、煩雑になりがちな情報の整理・管理に役立ちますよ。

WordPressのセキュリティは大丈夫?まだまだ続く不正アクセスに対処しよう!

WordPressのセキュリティは大丈夫?まだまだ続く不正アクセスに対処しよう!

ボクのまわりでも実害が散見され始めたWordPressへの不正アクセス。被害に遭う前の対策はかならず施しましょう!

Googleウェブマスターツールは構造化データを重要視してるっぽいからWordPressで対応してみました

Googleウェブマスターツールは構造化データを重要視してるっぽいからWordPressで対応してみました

ブログってちょーっとマジメなことをやろうって思うと、なんか専門用語ばっかりでめんどくせーとか思っちゃうボクですがやってみたらできたっぽいのでそれっぽくwordpressで構造化データの対応方法まとめです。