crocodile notebook

feedly feedburner google+ twitter facebook creative commons BY:2.1 プロフィール


DSC05476

今年も暑い夏がはじまりましたね。
暑いと気になるのがMacの廃熱。
ボクが使ってるのはMacBook Pro RetinaなのでHDDもなく、発熱は比較的低いらしいですが。
それでも熱暴走はやっぱり不安。

そこで、MacBook Proの背面に貼付けて廃熱効率を高めるスタンド、blueLoungeの『KickFlip』を購入しました。

DSC05477

KickFlipは粘着シートで貼付けるタイプなので、両面テープとは異なり剥がして張り直すことができます。
貼る前にMacBook側をきれいに拭いておきましょう。
キーボードクリーナーのようなアルコールが入ったシートで拭くのが手軽ですよ。
KickFlip側が汚れてくると粘着力が弱くなりますが洗えば復活します。

DSC05478

KickFlipの一体感もあってMacBook Proのデザインを損なってないのが良い感じ。

貼付ける位置は、すこし気をつけたほうが良いです。
ボクはこのギリギリな位置で張りたかったのですが、ここはMacBook側がまるくなってる部分。
使っていると剥がれてしまう危険性があるので、あまりオススメしません。
フラットな面に貼付けるのが良いです。

DSC05481

スタンドを開くとMacBook Proの下部に十分なスペースが生まれます。
これで廃熱が効率的になり、MacBook Proが熱くなるのを防ぎます。
こうした単純な仕組みは効果もわかりやすくて良いですね。

DSC05482

スタンドを閉じた状態でも、KickFlip自体の厚みですこし浮き上がります。
KickFlipがない状態よりも、すこし滑りやすくなるようにも感じるので、滑りやすいテーブルとは相性悪いかも。
スタンドを開いていれば滑ることはないので、安定してつかうことができます。

DSC05485

キーボードに角度が生まれるので、タイプがとてもラクです。
トラックパッドも操作しやすいように感じました。

MacBookの冷却を促すにはアルミボードのスタンドなどもありますが、KickFlipもなかなか効果があります。
数時間使い続けてみましたが、本体から熱さを感じることもなく、十分に冷却されていると感じられます。
また、持ち歩くときにもつかみやすくなったのは意外な効果。
重量面でも気になるような違いはなく、スリーブケースにそのまま収納できたのも良い感じです。

13インチ用と15インチ用のKickFlipが発売されているので、購入の際はお間違えないように!


夏を乗り切れMacBook Pro!廃熱効率を高めるスタンド『blueLounge KickFlip』

UPDATE: 2014.07.27
, , , ,




併せ読みに選ばれている
記事はこちらのようです

MacBookのバッテリー消費が最大25%も抑えられるアプリ『Turbo Boost Switcher』

MacBookのバッテリー消費が最大25%も抑えられるアプリ『Turbo Boost Switcher』

唯一の難点だった「フリーズ復帰時の手間」が解消されていたので利用再開したバッテリー消費・発熱抑制のアプリです。

MacBook Pro Retina 13インチを購入したので使用後の雑感とオススメ具合を書いてみる

MacBook Pro Retina 13インチを購入したので使用後の雑感とオススメ具合を書いてみる

2009年モデルのMacBook Pro13インチを使い続けるも、重くなり続けるOSとアプリと体重。 負のスパイラルから脱するために導入したのが、そう!MacBook Pro Retinaです!

【だれか】MacBook Pro Retina 13インチに最適なケースに悩む日々です【おしえて】

【だれか】MacBook Pro Retina 13インチに最適なケースに悩む日々です【おしえて】

なぜかMacBook Airより持ち歩きに気を使ってしまうMacBook Pro Retina。 めずらしくケースが欲しくなってるのですが、気に入るのが見つからないのです。

MacBook Pro Retinaの解像度を最大限に活用できるアプリ『Display Menu』が使える!

MacBook Pro Retinaの解像度を最大限に活用できるアプリ『Display Menu』が使える!

メニューバーから画面解像度を変更できるアプリです。 MBP Retinaは用途に応じて画面解像度を変更すると使いやすさが増すと思いますよ。

MacBook Pro Retinaのケースは『Acme Made Skinny Sleeve for MacBook Air』にしました

MacBook Pro Retinaのケースは『Acme Made Skinny Sleeve for MacBook Air』にしました

ケース探しの旅は以外にもアップルストアが約束の地となりました。 いろいろと探しまわった甲斐のある使いやすいケースに出会えたと思います!

2012年以降の薄型iMacで利用可能なUSBアダプター『Jimi』

2012年以降の薄型iMacで利用可能なUSBアダプター『Jimi』

薄型iMacはUSBコネクタがモニタ背面にあるので、ユーザーはけっこう不便に感じてるんでしょうか? 接続しやすくするアイテムがいろいろ登場していますね。 今回ご紹介の『Jimi』もそうしたアイテムの一つです。