crocodile notebook

feedly feedburner google+ twitter facebook creative commons BY:2.1 プロフィール


speedstar
速いぞ速いぞSSD!
ずいぶん丈夫になったぞSSD!
だけど、HDD時代のMacBookをSSDに載せ替えたり、最初からSSDのMacBookを買っていたとしても、Mac OSの初期設定そのままではSSDの性能を最大限に維持するのが難しいんじゃないでしょうか。
難しいように感じたのです。
難しいように感じているから、毎度オヤクソクのオマジナイ4つを施すわけです。

TRIMの有効化

SSDで使用されているNANDフラッシュメモリーはHDDなどと異なり、同じ領域に情報の上書きができません。
情報が記録されている領域を再利用するためには、もともと書き込まれている情報を違う領域に移動してから領域をクリーニングして、別の情報を保存する必要があります。

TRIMとは、事前に削除可能な領域をクリーニングしておいて、書き込みの際に「移動」と「クリーニング」を行わせないことで書き込みの処理を効率化(高速化)させるための仕組みです。

Macでは製品標準のSSDであればTRIMが有効になっていますが、ユーザーが交換した場合には無効の状態になっています。
そのTRIMを有効にするには「TRIM ENABLER」などのアプリが有名ですが、TRIMの有効化だけであればターミナルからコマンドを実行することでも行えます。

trim

コマンドを実行するとダラダラと英文が表示されますが、要約すると「このコマンド実行するとSSDに保存してるファイルがぶっ壊れるかもしれないけど覚悟の上だよな?」といった確認になります。
「Are you sure you wish to proceed (y/N)?」に対して、覚悟を決めて「Y」を入力しましょう。

次の確認は「再起動後に有効となるので今すぐ再起動しますか?」といった内容なので、再起動してもヨシ、自分で再起動させてもヨシです。

sudo trimeforce enable

TRIM有効化コマンド

Time Machineのスナップショットを無効にする

NASやUSB HDDなどが利用できない状況のとき、Time MachineはMac本体内にバックアップを保存します。
こうしたバックアップは「スナップショット(SnapShot)」と呼ばれます。
普段Time Machineでバックアップを作成している場所が利用できない状況として考えられるのは、外出中の場面などですね。
不必要にSSDへの書き込みを行うのはバッテリーの消耗や、処理負荷によるレスポンス低下を招きます。
SSDの効率利用を考える以前に、Macの効率運用にとってもデメリットとなりえる機能です。

スナップショットを無効化するのもターミナルからコマンドを実行すれば可能です。
スナップショットは不要だ!ムダだ!というワケではないので、状況に応じて設定の有効/無効を切り替えるのがベストです。

timemachine

sudo tmutil enablelocal

有効化コマンド

sudo tmutil disablelocal

無効化コマンド

ハイバネーション機能をオフにする

スリープモードに入るとき、Macはメモリ内の情報をSSD(HDD)に書き出します。
これによってスリープ状態のままバッテリーを使い果たしても、処理中であった情報は失われずに済みます。
失われずに済みますが、そんな状況ってありますか?
また、少なくても4GB、多ければ16GBのメモリを搭載しているので、それだけの情報がSSDに書き込まれることになります。
TRIMを有効化するくらいなのに、ハイバネーションとか必要ないなら機能を止めたくなりますよね。

止めましょう、ターミナルからコマンドを実行して。
ハイバネーションを停止すると書き出される情報の領域(イメージ)も不要になるので削除できます。

snapshot

sudo pmset -a hibernatemode 0 

ハイバネーション無効化コマンド

sudo rm /var/vm/sleepimage 

ハイバネーション用イメージの削除

緊急モーションセンサーを停止する

緊急モーションセンサー (SMS:Sudden Motion Sensor) 技術は、ハードディスクの内蔵保護機能で、コンピュータが落下したり激しく揺れたりした場合にディスクの故障を防ぐのに役立ちます。
 
引用:Mac ノートブック:緊急モーションセンサーについて

ハードディスクの保護機能であり、ハードディスクの構造だからこその保護機能であり、MacBookに内蔵されているストレージがSSDのみであれば不要な機能なので停止しましょう。
まったくもって無意味です。

sudo pmset -a sms 0

SMS停止コマンド
 
 
良いSSDライフを!


SanDisk SSD UltraII 960GB 2.5インチ [国内正規品]メーカー3年保証付 SDSSDHII-960G-J26
サンディスク (2015-11-13)
売り上げランキング: 945

MacBookシリーズでSSDをできるだけ効率的に使う4つのコマンド

UPDATE: 2017.03.17
, , , ,




併せ読みに選ばれている
記事はこちらのようです

2011年製MacBook Proの延命を目的にHDDを『SanDisk Ultra II SSD(240GB)』へ交換しました

2011年製MacBook Proの延命を目的にHDDを『SanDisk Ultra II SSD(240GB)』へ交換しました

SDカードやCFカードはずっとSanDiskしか使っていないし信頼もしていないボクなので、SSDだってもちろんSanDiskを選ぶことに躊躇はありません。

MacBook Pro Retinaのファイル一時保管用にSanDiskのUSBメモリーを購入しました

MacBook Pro Retinaのファイル一時保管用にSanDiskのUSBメモリーを購入しました

空き容量が20GB以下となりファイルの一時保存も厳しい状況が稀に発生するようになってしまったボクのMacBook Pro。(比較的(安価&高速)+コンパクト)=俺的ベストな外部メディアとして購入したのがSanDisk Ultra Fitです。

MacにSSDを搭載したら「TRIM Enabler」でTRIMを有効化しましょう

MacにSSDを搭載したら「TRIM Enabler」でTRIMを有効化しましょう

MacでSSDを換装した場合、TRIMコマンドは自動でオンにならない場合があるようです。 その場合はTRIMEnablerを使ってオンに切り替えましょう。

MacBook Pro (2009)のHDDを日立Travelstar 1TB / SATA3 7200rpmに交換しました

MacBook Pro (2009)のHDDを日立Travelstar 1TB / SATA3 7200rpmに交換しました

MacBook Pro 990J/AのHDDが容量不足そして老朽化してきたので1TBのHDDに交換しました。交換前後のベンチマークを掲載しています。

MacBook Pro Retina 13インチを購入したので使用後の雑感とオススメ具合を書いてみる

MacBook Pro Retina 13インチを購入したので使用後の雑感とオススメ具合を書いてみる

2009年モデルのMacBook Pro13インチを使い続けるも、重くなり続けるOSとアプリと体重。 負のスパイラルから脱するために導入したのが、そう!MacBook Pro Retinaです!

【だれか】MacBook Pro Retina 13インチに最適なケースに悩む日々です【おしえて】

【だれか】MacBook Pro Retina 13インチに最適なケースに悩む日々です【おしえて】

なぜかMacBook Airより持ち歩きに気を使ってしまうMacBook Pro Retina。 めずらしくケースが欲しくなってるのですが、気に入るのが見つからないのです。